Microsoft、「Windows 8.1 Update 1」リリース

スクリーンショット 2014 04 09 10 15 56

春の大型アップデートとして以前から話題になっていた、「Windows 8.1 Update 1」が一般向けに公開されました(slashdot)。

Update 1では、スタート画面に、電源ボタンや検索ボタンが追加されたり、スタート画面で右クリックできるようになったり、タスクバーにModernアプリが表示されるようになったり、タッチデバイス以外の普通のPC向けの機能がいろいろ追加されています。機能まとめは以下のリンクが分かりやすいです。

残念ながらスタートメニューの復活はまだですが、早速ダウンロードしてインストールしてみました。

Windows 8.1 Update 1のインストール

Windows Updateを起動して更新を確認しました。

2014 04 09 091023

x64ベースシステム用Windows 8.1 Updateで、887.6MBもあります。

2014 04 09 092039

結構時間がかかります。混んでいる?

2014 04 09 094725

ようやく完了。

スクリーンショット 2014 04 09 11 32 14

再起動すると、電源ボタン、検索ボタン、右クリックメニューが表示されました。便利すぎる?

Windows XPユーザーも安心?

Windows XPが終了した日に合わせて、デスクトップ機能を充実させたWindows 8.1 Update 1を公開するということは、Windows XPユーザーのWindows 8.1への移行を促進しているのかもしれません(どうせならスタートメニューまで復活していれば完璧だったのでしょうけれども)。

公式スタートメニュー復活が待てない人は、Classic Shellをインストールすれば、機能的にはほぼ満足できると思うので、そちらをおすすめします。

スポンサーリンク