Windows 8.1/7用の月例品質ロールアップKB4565541、KB4565524などが公開 - 2020年7月の月例更新

2018 08 21 110101

Microsoftは本日、月例更新の一環としてWindows 8.1、Windows 7などに対し、月例品質ロールアップとセキュリティオンリーアップデートを公開しました(Neowin)。Windows 7用の更新プログラムは有償サポートを契約しているユーザーのみの提供となっています。

公開された更新プログラムは以下の通りです(括弧内はセキュリティオンリーアップデート)。

更新プログラムは、Windows UpdateまたはMicrosoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています

July 14, 2020—KB4565541 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4565541では、6月に公開されたKB4561666の修正内容に加え、2020年6月9日にリリースされた更新プログラムをインストールした後、一部のアプリケーションでグラフィックまたは大きなファイルを含むドキュメントを印刷できなくなる可能性がある問題の修正や、Windows App Platform/Frameworks、Widnows Apps、 Windows Graphicsなど各種Windowsコンポーネントのセキュリティ更新が行われています。

  • Addresses an issue that might prevent some applications from printing documents that contain graphics or large files after installing Windows Updates released June 9, 2020.
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Apps, Windows Graphics, Windows Input and Composition, Windows Fundamentals, Windows Kernel, Windows MSXML, Windows File Server and Clustering, Windows Remote Desktop, Internet Explorer, the Microsoft Scripting Engine, and Windows SQL components.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

July 14, 2020—KB4565524 (Monthly Rollup)

Windows 7/Windows Server 2008 R2用の更新プログラムKB4565524では、6月9日に公開されたKB4561643の修正内容に加え、Windows App Platform/Frameworks、Widnows Apps、 Windows Graphicsなど各種Windowsコンポーネントのセキュリティ更新が行われています。

  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Apps, Windows Graphics, Windows Input and Composition, Windows Fundamentals, Windows Kernel, Windows Remote Desktop, Internet Explorer, the Microsoft Scripting Engine, and Windows SQL components.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク