Windows 8.1/7用の月例品質ロールアップKB4571703、KB4571729などが公開 - 2020年8月の月例更新

2018 08 21 110101

Microsoftは本日、月例更新の一環としてWindows 8.1、Windows 7などに対し、月例品質ロールアップとセキュリティオンリーアップデートを公開しました(Neowin)。Windows 7用の更新プログラムは有償サポートを契約しているユーザーのみの提供となっています。

公開された月例品質ロールアップは以下の通りです(括弧内はセキュリティオンリーアップデート)。

更新プログラムは、Windows UpdateまたはMicrosoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています

August 11, 2020—KB4571703 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4571703では、7月14日に公開されたKB4565541の修正内容に加え、一部の.msiアプリのインストールができない問題の対処や、アプリがエンタープライズ認証機能を持っていない場合にシングルサインオン認証を可能にするUniversal Windows Platform (UWP)アプリの問題の修正、アンカーリンクを使用して閲覧した場合に発生するMicrosoft Edge IEモードの問題の修正などが行われています。

  • Addresses an issue that prevents you from installing some .msi apps. This occurs when a device is managed by a Group Policy that redirects the AppData folder to a network folder.
  • Addresses an issue in Universal Windows Platform (UWP) apps that allows single sign-on authentication when an app does not have the Enterprise Authentication capability. With the release of CVE-2020-1509, UWP applications might begin prompting the user for credentials.
  • Addresses an issue in Microsoft Edge IE Mode when opening multiple documents from a SharePoint site.
  • Addresses an issue in Microsoft Edge IE Mode that occurs when you browse using anchor links.
  • Addresses an issue with loading Browser Helper Objects in Microsoft Edge IE Mode.
  • Addresses an issue where certain applications that rely on the JScript Scripting Engine become unresponsive under load.
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Graphics, Windows Media, Windows Shell, Windows Cloud Infrastructure, Windows Authentication, Windows Kernel, Windows Hybrid Cloud Networking, Windows Peripherals, Windows Network Security and Containers, Windows Storage and Filesystems, Windows File Server and Clustering, Windows Hybrid Storage Services, Windows SQL components, Microsoft Scripting Engine, and Windows Remote Desktop.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

August 11, 2020—KB4571729 (Monthly Rollup)

Windows 7/Windows Server 2008 R2用の更新プログラムKB4571729では、7月14日に公開されたKB4565524の内容に加え、一部の.msiアプリのインストールができない問題の対処や、アンカーリンクを使用して閲覧した場合に発生するMicrosoft Edge IEモードの問題の修正、Microsoft EdgeのIEモードでSharePointサイトから複数のドキュメントを開くときの問題の修正などが行われています。

  • Addresses an issue that prevents you from installing some .msi apps. This occurs when a device is managed by a Group Policy that redirects the AppData folder to a network folder.
  • Addresses an issue in Microsoft Edge IE Mode when opening multiple documents from a SharePoint site.
  • Addresses an issue in Microsoft Edge IE Mode that occurs when you browse using anchor links.
  • Addresses an issue with loading Browser Helper Objects in Microsoft Edge IE Mode.
  • Addresses an issue where certain applications that rely on the JScript Scripting Engine become unresponsive under load.
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Graphics, Windows Media, Windows Cloud Infrastructure, Windows Authentication, Windows Kernel, Windows Hybrid Cloud Networking, Windows Peripherals, Windows Storage and Filesystems, Windows Network Security and Containers, Windows File Server and Clustering, Windows Hybrid Storage Services, Microsoft Scripting Engine, and Windows SQL components.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

  • 更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動すると、「Windows更新プログラムの設定に失敗しました。変更を元に戻します。コンピュータの電源を切らないでください」というエラーが表示され、更新履歴に「更新に失敗しました」と表示されることがある。
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク