Windows 8.1/7用の月例品質ロールアップKB4580347、KB4580345などが公開 - 2020年10月の月例更新

2018 08 21 110101

Microsoftは本日、月例更新の一環としてWindows 8.1、Windows 7などに対し、月例品質ロールアップとセキュリティオンリーアップデートを公開しました(Neowin)。Windows 7用の更新プログラムは有償サポートを契約しているユーザーのみの提供となっています。

公開された月例品質ロールアップは以下の通りです(括弧内はセキュリティオンリーアップデート)。

更新プログラムは、Windows UpdateまたはMicrosoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています

October 13, 2020—KB4580347 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4580347では、フィジー諸島の2021年のサマータイム(DST)の終了日の修正や、「ローカルユーザープロファイルポリシーの削除」が有効な場合に、グループポリシーで重要なファイルが再帰的に削除される問題の修正、ユーザーインターフェイスを通じて Null ポートが作成される問題の修正などが行われています。

  • Corrects the end date for daylight savings time (DST) in 2021 for the Fiji Islands. For more information, see DST correction in Windows for the Fiji Islands: October 13, 2020.
  • Addresses an issue where Group Policy recursively deletes critical files when the "Delete local user profile policy" is enabled.
  • Addresses an issue in which a Null port is created through the user interface.
  • Adds a notification to Internet Explorer 11 that informs users about the end of support for Adobe Flash in December 2020. For more information, see KB4581051.
  • Addresses an issue with Microsoft Edge IE Mode that occurs when you enable Configure enhanced hang detection for Internet Explorer mode in Microsoft Edge. 
  • Allows administrators to disable JScript in specific security zones.
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Graphics, Windows Shell, Windows Silicon Platform, Windows Cloud Infrastructure, Windows Fundamentals, Windows Authentication, Windows Virtualization, Windows Kernel, Windows Core Networking, Windows Network Security and Containers, Windows Remote Desktop, and Windows SQL components.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。
  • サードパーティ製のドライバをインストールしようとすると「Windowsではこのドライバソフトウェアの発行元を確認できません」というエラーが表示されることがある。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

October 13, 2020—KB4580345 (Monthly Rollup)

Windows 7/Windows Server 2008 R2用の更新プログラムKB4580345では、グラフィックスデバイスインターフェイス(GDI)が内部領域に不正にアクセスし、予期しないUI体験を引き起こす可能性のある問題の修正や、フィジー諸島の2021年のサマータイム(DST)の終了日の修正、「ローカルユーザープロファイルポリシーの削除」が有効な場合に、グループポリシーで重要なファイルが再帰的に削除される問題の修正などが行われています。

  • Addresses an issue that might cause the Graphics Device Interface (GDI) to access internal regions incorrectly causing unexpected UI experiences. This issue can cause additional or missing screen elements, screen flickering, or a trailing screen.
  • Corrects the end date for daylight savings time (DST) in 2021 for the Fiji Islands. For more information, see DST correction in Windows for the Fiji Islands: October 13, 2020.
  • Addresses an issue where Group Policy recursively deletes critical files when the "Delete local user profile policy" is enabled.
  • Addresses an issue in which a Null port is created through the user interface.
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Windows Graphics, Windows Shell, Windows Silicon Platform, Windows Cloud Infrastructure, Windows Fundamentals, Windows Authentication, Windows Virtualization, Windows Core Networking, Windows Network Security and Containers, Windows Storage and Filesystems, Windows SQL components, and Windows Remote Desktop.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

  • 更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動すると、「Windows更新プログラムの設定に失敗しました。変更を元に戻します。コンピュータの電源を切らないでください」というエラーが表示され、更新履歴に「更新に失敗しました」と表示されることがある。
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク