Microsoft、開発環境全部入りのWindows 10仮想マシンイメージを更新 - 2017年4月エディション

S 20170422 101501

Microsoftは20日、Windows 10用の開発環境を含む仮想イメージ「Windows 10 development environment」を更新し、2017年4月エディションとして公開しました(Blogging WindowsNeowin)。

仮想イメージはHyper-V、Parallels、VirtualBox、VMwareの形式で提供されていて、Universal Windows Platform開発を容易に行うために、Windows 10用の各種開発環境が含まれた形態で提供されています。

含まれているソフトウェアは以下の通りです:

  • Windows 10 Enterprise Evaluation, Version 1703

  • Visual Studio 2017 (Build 15.1) with the UWP and Azure workflows enabled

  • Windows developer SDK and tools (Build 15063)

  • Windows UWP samples (March 2017 Update)

  • Bash on Ubuntu on Windows

ダウンロードサイズは20GBほどで、2017年7月7日まで有効です。またダウンロードページには評価用VMの他、Windows 10 Proライセンスが必要となるWindows Version 1607ベースの仮想マシンも同時に公開されています。

スポンサーリンク