Microsoft、今度は「Windows Driver Frameworks」のソースコードをMITライセンスでオープンソース化

ColorSnapper と Microsoft Windows Driver Frameworks

Microsoftのオープンソース化の流れが止まりません。MSBuildのオープンソース化に続き、Windows Driver Frameworks(WDF)のソースコードがGitHubで公開され、話題となっています(Windows Hardware and Driver Developer Blog
Hacker News)。

WDFは、OSの内部を抽象化し、Windows用の高品質なデバイスドライバーを作成するためのフレームワークです。今回WDFのソースコードが公開されたことで、デバイスドライバーの開発者は、カーネルデバッガーを使ってドライバーのソースコードから、WDFのソースコードまでステップインすることが可能となり、より深く内部の挙動を探ることが可能となりました。

今回の公開されたソースコードは、Kernel Mode Driver Framework(KMDF)と、User Mode Driver Framework(UMDF) v2に関するもので、2つのフレームワークのソースコードの大部分が共有されているようです。

また、Windows 10用デバイスドライバーのサンプルコードもGitHubで公開されていて、開発者は参考にすることができます。ここ最近のMicrosoftのオープンソース化の勢いは凄いです。

スポンサーリンク