Windows Insider ProgramのFastリングの役割が変更 - 開発ブランチの内容が直接提供されるように

S 20191218 110531

Microsoftは先日、Windows 10 Insider Preview Build 19536を公開するとともに、Fastリングの役割を変更することを発表しました。

今後Fastリングユーザーに対しては、開発チームが日々新機能を実装しているアクティブな開発用ブランチ「RS_PRERELEASE」から直接ビルドが提供されるようになるという内容です。

これまで、Fast/Slow/Release Previewリングといった各リングには特定の機能アップデートに結びつけられたビルドが提供されてきましたが、Fastリングでは今後特定のビルドに含まれない新機能が含まれる可能性が出てくることになります。

Fastリングの役割が次期機能アップデートのテスト用から、今後Windows 10にいずれかのタイミングで追加される新機能を確認するためののものに変わったと考えないといけないかもしれません。

なお、今回の変更は一定の定員が設けられていて参加できなかったユーザーには不評だったSkip Aheadの欠点を補う方法だとも説明されています(Skip Aheadは11月に廃止)。

スポンサーリンク