【速報】「Windows Live Writer」がついにオープンソース化を果たす - ソースコードはGitHubで公開

S 2015 12 10 10 45 37

Microsoftは12月9日(現地時間)、Windows用のブログライティングソフトウェア「Windows Live Writer」をオープンソース化し「Open Live Writer」として公開しました(.NET FoundationブログNeowinWinBeta)。公式サイトよりWindows用の実行ファイルをダウンロードすることができます。またソースコードはGitHubで公開されていて、MITライセンスが採用されています。

Windows Live Writerはもともと2006年に公開が始まった、多くのプラットフォームをサポートするブログ投稿ソフトです。2012年にメジャーアップデートが行われて以来大きな更新は行われおらず、今年になってMicrosoftのScott Hanselman氏がWindows Live Writerをオープンソースとして公開する準備を進めていることが明かされ話題となっていました。

S 2015 12 10 11 01 04

今回公開された「Open Live Writer」のバージョンはまだ0.5ということで、完成度よりも早期リリースを目指したものとなっています。今後のバージョンアップ含め、新しい道に踏み出したOpen Live Writerの発展に期待したいと思います。

スポンサーリンク