Windows用ブログエディタ「Windows Live Writer」がオープンソース化されるかも?

NewImage

Windows用のブログエディタとして人気の、Microsoftの「Windows Live Writer」がオープンソース化されるかもしれません。WinBetaは、Microsoftが、社内の会議でWindows Live Writerのオープンソース化を検討していると伝えています。

情報源は、MicrosoftのWeb Platform Teamの、Scott Hanselman氏の以下のツイートです。

氏は「今ミーティングで、Windows Live Writerの将来に関して話している。20k RTが助けになるかも」と語り、RTは1239RT、お気に入りは85(現在)に留まっているものの、その後のTweetで、ユーザーからの問いかけに対し「オープンソース化を試そうとしている」と語っています。

Microsoftの「Windows Live」ブランドは廃止される計画があり、Windows Live製品に含まれるWindows Live Writerは、今後これ以上の発展が考えづらい状況でした。

オープンソース化し、有志の開発者があつまれば、現在のバージョンの改良だけではなく、Windows 8/8.1対応版がリリースされる可能性もあります。Windows Live Writer愛好家は、Scott Hanselman氏のツイートをリツイートして、オープンソース化を後押ししてみると良いかもです。

スポンサーリンク