Windows NotepadがMicrosoft Storeからダウンロード可能に

S 20200419 201338

Microsoftは2019年の8月、メモ帳アプリをMicrosoft Storeからダウンロード可能にする計画を発表しました。Windows本体から切り離す事でより頻繁な更新が可能になるはずでしたが、その後12月に明確な説明のないまま計画は中止となっています。

今回このメモ帳アプリ(Windows Notepad)が再びMicrosoft Storeからダウンロード可能になっている事が分かりました(Softpedia)。

アプリの説明は以下の通りです。

メモ帳は、30 年にわたって Windows に搭載されてきた、動作が軽いシンプルなテキスト エディターです。そのメモ帳が、現在 Microsoft Store で提供中です。プレーン テキスト文書やソース コード ファイルを、すばやく表示、編集、検索することができます。

誰もが使ったことがあるメモ帳アプリそのものである事がわかりますが、アプリの要件は、「Windows 10 Version 19541」以降となっており、インストールするためには、Windows Insider ProgramのFastリングで公開されているプレビュー版が必要となっています。

製品版のメモ帳アプリもMicrosoft Store版で置き換えられるものになるのか、プレビュー版だけを対象とした変更なのか現在は不明です。

スポンサーリンク