Microsoft、 Windows Package Managerを発表 - Windowsにツールをインストールする新しい方法

Winget01

Microsoftは5月19日(現地時間)、「Windows Package Manager」のプレビュー版を発表しました(gHacks)。さまざまなツールを素早く簡単にインストールすることができるコマンドラインツールで、GitHubにソースコードやappxbundleファイルが公開されています。

Windows Package ManagerのLinuxのapt、macOSのbrew、WindowsのChocolateyのようなパッケージ管理ツールの一種です。コマンドの名前は「winget」で、ターミナルから、「winget install terminal」「winget install powershell」「winget install powertoys」のように実行して、各種ツールをインストールする事ができます。

主なコマンドは以下の通りです。

  • winget install # アプリケーションをインストール
  • winget show # アプリケーションの情報を表示
  • winget source # アプリケーションのソースを管理
  • winget search # アプリの検索と情報の表示
  • winget hash インストーラーファイルをハッシュ化するヘルパー
  • winget validate # manifestファイルの検証

Windows Package ManagerはWindows 10 1709(build 16299)以降の環境に対応していて、ソースコードからビルドする事ができるほか、Windows Insider Programや、Windows Package Manager Insider Programに参加することで使用することが可能です。

We have provided three different ways for you to get your hands on the Windows Package Manager. If you are a Windows Insider, you may already have it. First, you can head over to the open source GitHub repository for the client. Second, you can join any of the Windows Insider rings. Third, you can join the Windows Package Manager Insider program by providing your Microsoft Account (MSA) to Windows Package Manager Insider Program and request to be included in the preview. Either of the Insider programs will ensure you automatically receive updates as we progress from preview to general availability. After you have joined either Insider program, head over to the Microsoft Store and get the App Installer. The Windows Package manager will be available after you get the update.

詳細な手順やその他詳細はWindows Command Lineブログに掲載されています。

スポンサーリンク