モジュラーな新世代Windowsシェルの完全リストが流出

Pexels photo 322483

MicrosoftはWindows 10をモジュラーに再構成する取り組みをおこなっており、将来的には共通の「OneCore」カーネルの上でさまざまな種類の「シェル」を動作させ、多様なユーザー体験を提供することが可能になると見込まれています。

今回、最新のWindows 10ビルドの中に、近い将来サポートされることになるであろうこれら新しいシェルのリストが含まれている事が判明しました(MSPoweruser)。

以下の画像はWindows 10関係のリーク情報でお馴染みのWalkingCat氏によるものです。

Shell composers

画像に含まれる文字列から「Andromeda」や「Surface Hub」「IoT」、さらにはUWPアプリしか動作しないと噂されているWindows 10の新バージョン「Polaris」用のシェルが準備されているように見えます。

Windows 10の新しいシェルが、Surface HubやHoloLens、発売が予想されるSurface Phoneで活用される日は近いのかもしれません。

スポンサーリンク