Microsoft、Windows Updateを円滑化するミステリアスな更新プログラムKB4056254を公開

Pexels photo 207985

Microsoftは6月15日(現地時間)、特定バージョンのWindows 10のWindows Updateで発生していた問題を解決するサイレントアップデートKB4056254を公開しました(Softpedia)。

更新プログラムには「Windows 10 update facilitation service(Windows 10 Update促進サービス)」というタイトルが付けられていて、対象はWindows 10 Version 1703(Creators Update)以前のWindows 10、より正確にはWindows 10 HomeおよびProのVersion 1507、1511、1607、1703となっています。

更新プログラムのサポートページによると、更新プログラムには「Windows Updateサービススタックのバックグラウンド更新プロセスに影響を与える問題を解決するためのファイルとリソースが含まれている」とのこと。

全てのデバイスが対象ではなく、該当のWindows 10バージョンの中の特定のビルドだけが対象で、更新プログラムをインストールする場合、以下のような新しいデザインのダイアログが表示されるそうです。またWindows Updateに接続していないデバイスの場合、User Account Control(UAC)ダイアログが表示される場合もあるとのことです。

S 20180618 192209

なおWindows Update関連の更新プログラムということで、Windows 10のより新しいバージョンを強制的にインストールするためのものだと疑うこともできますが、これまでのところそのような機能は確認できない模様です。

スポンサーリンク