Microsoft、Windows 10でカスタムLinuxディストリビューションをサイドロード可能にするWSL Sampleを公開

S 20180327 100057
現在Windows 10では Windows Subsystem for Linux(WSL)と呼ばれる機能を利用し、各種LinuxディストリビューションをWindows上で動作させることができるようになっています。

Windows 10 Fall Creators Updateでは、SUSEやDebian、Fedoraといった多くの有名ディストリビューションがMicrosoft Storeからダウンロード可能になっているなか、Microsoftはこの仕組みをオープンソース化し、独自のWSLディストリビューションを作成するためのサンプルプロジェクト「WSL DistroLauncher Sample」をGitHubにて公開しています(MicrosoftPhoronix)。

プロジェクトは以下のユーザーに向けたものとなっています。

  • Microsoft Store向けにWSLディストリビューションを公開したいLinuxディストリビューションのメンテナ。Microsoft Storeで配布する場合wslpartners@microsoft.comに連絡する必要あり
  • カスタムLinuxディストリビューションを開発マシンでサイドロードして利用したい開発者。開発者設定で開発者モードまたはサイドロードを有効にする必要あり

サンプルプロジェクトには、ディストリビューションのログインシェルの起動、コマンドの実行、各種設定値の変更を行うlauncherプログラムが含まれていて、ディストリビューション毎にカスタマイズすることが可能となっています。

具体的な使用方法はGitHubにて説明されています。興味のある方は確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク